東京都 千代田区 台東区 秋葉原 上野で創業支援に力を入れている税理士 起業のアイデアを事業計画書にまとめて融資を受ける手伝いを得意としています。

03-5839-2679

資金繰り

不良債権の発生リスクを抑える「与信管理」の重要性

    会計上では黒字経営だが・・・

     

    会社の資金繰りが苦しくなる理由のひとつに「取引先の倒産による売掛金の不良債権化」があります。

    これは会社の成長期によくあるパターンです。

    売上が伸びて会社の利益が増えてくると、商品数を増やしたり、新規事業を始めたりします。すると自然に、取引先の数も増えていきます。業種によっては1社との取引額も増えるでしょう。

    取引先が急に増えたとき、おろそかになりがちなのが「与信管理」です。

    会社間の取引は、通常「信用取引」で行われます。商品を先に渡して、代金は後で回収されます。このとき、商品の販売者は取引先に対して代金を回収するまで「信用を与える」状態になります。これを「与信」と言います。銀行の融資も「与信」行為と言えます。

    そして信用を与えている間の売上債権を管理することを「与信管理」と言います。取引先の経営状態から「債権が回収不能にならないかどうか」を判断し、危険性に応じて取引の条件や与信金額を管理していくのです。

    「与信金額の増加」=「売掛金の増加」は、不良債権の発生リスクを高めます。より慎重に与信管理を行わなければいけません。もしも取引先から「分割で払わせてほしい」「来月分と合わせて支払いたい」などという申し出があった場合は、経営不振に陥っている可能性があるため、与信限度額を減らす、取引条件を見直すなどの対策が必要になります。

    事業が軌道に乗る前の「代金の受け取りが1日でも遅れたら資金繰りがショートする」という状態であれば、そうした申し出はできるかぎり断っていたはずです。ところが利益が増えると気が大きくなり「1回くらい遅れても大丈夫」「3回以内の分割なら問題ない」と、軽い気持ちで承諾してしまいます。

    もちろん、支払いが遅れても、分割されても、売掛金はすべて計上されているので、会計上では黒字経営が続いています

    未回収の売掛金が増えれば、当然、資金が不足します。

    そのとき初めて、売掛金が回収不能になり、多額の不良債権を抱えてしまったことに気付くのです。

    貸倒損失を計上しない経営者の末路

     

    また、このようなケースもあります。

    A社と2000万円、C社と3000万円の取引が成立して、帳簿には5000万円の売掛金が計上されました。

    ところが支払日前にC社が倒産し、売掛金の回収はほぼ不可能になってしまいました。このとき、3000万円を「貸倒損失」として処理しなければいけません。

    しかし3000万円の貸倒損失を計上すると、決算書が赤字になってしまいます。

    そこで、あえて貸倒の処理をしない経営者がいます。決算書が赤字になると、金融機関からの融資が受けにくくなるからです。

    決算書を黒字にして、取引銀行に赤字転落したことを報告しない。しかし、資金繰りはタイトになってきている。

    すると、どうなると思いますか。

    経営者自身が「黒字を維持している」と錯覚してしまうのです。

     

    赤字の会社が危機感をなくせば、あっという間に倒産してしまいます。

    【第7回】 不良債権の発生リスクを抑える「与信管理」の重要性

     

    初回相談無料

    メールフォームは24時間対応

    03-5839-2679

    TOP