東京都 千代田区 台東区 秋葉原 上野で創業支援に力を入れている税理士 起業のアイデアを事業計画書にまとめて融資を受ける手伝いを得意としています。

03-5839-2679

資金繰り

帳簿上は黒字だが・・・「在庫増」に注意すべき理由

    前期の決算末の在庫と今期中の仕入れは同じだが…

     

    質問です。

    卸売業で、今期の売上が5000万円、在庫は[図表1]のような状態になりました。

    ケース1とケース2の原価と粗利益は、それぞれいくらになりますか。

    原価の計算方法は、①+②−③です。

     

    ケース1では、前期の在庫と今期の仕入の合計が3000万円、今期末の在庫2500万円なので、今期売れた在庫、つまり原価は500万円になります。

    そして今期の売上5000万円から500万円を差し引いた4500万円。これが粗利益になります。

     

    ケース2では、前期の決算末の在庫、今期中の仕入れは同じで、今期末の在庫が2500万円から1000万円まで減っています。原価は2000万円、粗利益は3000万円になります。

     

    [図表]

     

    「期末の在庫が膨らめば、帳簿上は利益が出る」?

     

    「おや?」と思いませんでしたか。

    ケース1よりケース2のほうが、在庫が減っています。つまり商品が売れているのです。

    それなのに、粗利益はケース1のほうが多くなっています。

     

    実は簿記の仕組みから「期末の在庫が膨らめば、帳簿上は利益が出る」ことになっています。つまり売上が伸びなくて赤字になっても、在庫の金額を増やせば、帳簿上は黒字にできるのです

     

    この「在庫のかさ増し」は、よくニュースで言われている「粉飾決算」の方法のひとつです。

    商品が売れていないのに、帳簿上では利益が出る。

    その理由は、会計では「在庫=お金」という概念があるからです。つまり、まだ売れていない商品がお金に化けているのです。

    しかし、実際は商品が売れなければ、お金になりません。試算表で利益が出ていても、在庫が減らなければ、会社のお金は減っていきます。

    在庫がたくさんあるのに仕入れを続けると、どんどんお金が商品に化けてしまいます。これが進むとお金がなくなり、会社は倒産します。決算書上では黒字ですが、仕入れの支払いや銀行への返済、給与の支払いなどを在庫で行うことはできないからです。

    【第8回】 帳簿上は黒字だが・・・「在庫増」に注意すべき理由

     

    初回相談無料

    メールフォームは24時間対応

    03-5839-2679

    TOP