東京都 千代田区 台東区 秋葉原 上野で創業支援に力を入れている税理士 起業のアイデアを事業計画書にまとめて融資を受ける手伝いを得意としています。

03-5839-2679

資金繰り

金融機関から「運転資金」を借りる際の留意点

    必要な運転資金の額を把握しているか?

     

    手持ち資金を増やす方法として手っ取り早いのは、金融機関から融資を受けること、つまり借金をして現金を増やすことです。

    借金をすれば手元の資金は豊かになりますが、返済金額が増えます。

     

    「返済を気にするよりも、現金を多く持っておくことが大事」

    「手元の資金がギリギリでも、借金して返済に追われるよりマシ」

     

    迷うかもしれませんが、正解は、どちらでもありません。

    大事なことは、正確な運転資金を把握して、無理のない返済額で借り入れることです。

    会社を回すために必要な運転資金の金額は「売掛金+在庫−買掛金」です。この金額以上の借入金があると、一時的には余裕ができても、すぐに返済が重くなり、お金が回らなくなります。

    普段から金融機関と「良好な関係」を築く

     

    さきほど述べたように、不良債権が多い、過剰な在庫がある会社は、運転資金の金額が上がってしまいます。すると借入額も増えてしまいますが、実際の資金はその金額以下しかないため、すぐに返済が追いつかなくなるのです。

     

    「売掛金が不良債権になっていないか」

    「在庫に死に筋はないか」

     

    この2つを常にチェックし、本当に必要な運転資金の金額を意識した借入ができれば、月々の返済に追われることなく、銀行融資を上手く活用できるようになります。

    また、「無借金経営ではなく、金融機関から借金をして経営するほうが良いのですか」という質問をよく受けます。

     

    金融機関からお金を借りられるときに借りておく。それは間違いではありません。

     

    銀行から「融資をします」という話があったとき「うちは借金する必要がないからいりません」とつっぱねていたら、経営が危なくなって本当に必要になったときに「貸してください」と言っても、すぐには融資がおりません。必要なときにお金を借りることができなければ、会社の存続が危うくなります。

    ただし、さきほど述べたように、運転資金以上の借入をすると、返済に追われることになります。どれだけの金額なら返済が苦しくならないか、会社の状況をしっかりと見極めたうえで借入を行い、いざというときに助けてもらえるよう、普段から複数の金融機関と良好な関係を築いておきましょう。

     

    【第13回】 金融機関から「運転資金」を借りる際の留意点

    初回相談無料

    メールフォームは24時間対応

    03-5839-2679

    TOP